美術 PR

【妖しいけれど美しい】エドワード・ゴーリーを巡る旅

          記事内に商品プロモーションを含む場合があります

エドワード・ゴーリーを巡る旅@松濤美術館に行ってきました!

怖くて妖しい、けれど美しい、「大人の絵本」として徐々に日本の人びとの認知を得てきたエドワード・ゴーリー。

ゴーリーの幼少期からの絵を見ることのできる貴重な展覧会です。

早速レビューしていきます!

エドワード・ゴーリーを巡る旅 概要

不思議な世界観と、モノトーンの緻密な線描で、世界中に熱狂的なファンをもつ絵本作家エドワード・ゴーリー(Edward Gorey,1925‒2000)。近年、日本でも『うろんな客』『不幸な子供』などの絵本が次々と紹介されてきました。ゴーリーは、自身がテキストとイラストの両方を手がけた主著(Primary Books)以外にも、挿絵、舞台と衣装のデザイン、演劇やバレエのポスターなどに多彩な才能を発揮しました。本展は、そんな作家の終の棲家に作られた記念館・ゴーリーハウスで開催されてきた企画展から、「子供」「不思議な生き物」「舞台芸術」などのテーマを軸に約250 点の作品で再構成するものです。

松濤美術館HP 展覧会ページより

ゴーリーといえば、絵本のイメージですが、舞台やバレエの仕事をしていたことは知りませんでした。

ますます期待が高まります。

エドワード・ゴーリーを巡る旅 章構成

エドワード・ゴーリーを巡る旅展の章構成は以下の通りです。

  1. ゴーリーと子供
  2. ゴーリー描く不思議な生き物
  3. ゴーリーと舞台美術
  4. ゴーリーの本作り
  5. ケープコッドのコミュニティと象

絵本作家としてのゴーリーだけではなく、素顔のゴーリーも見ることができる貴重な展示になっています。

みどころ① 建物と一体となった展示がみられる

みなさんは、松濤美術館には行ったことはあるでしょうか?

独特の雰囲気を持つ美術館で、ゴーリーの世界観とマッチして満足度の高い展示になっています。

こちらは松濤美術館の螺旋階段。(撮影OKの場所です)

実際は写真よりも少し照明が暗いので、とてもよい雰囲気なのです。

この雰囲気の中、こんな絵や

撮影OKの展示

こんな絵が飾られていたら、ファンとしては最高の展示です

撮影OKの展示

ゴーリーを初めて知る方でも、ゴーリーの世界観にどっぷりと浸かることができるでしょう。

みどころ② ゴーリーの素顔を見られる

絵本作家としてのゴーリーを知っていても、素顔のゴーリーを知る人は少ないのではないでしょうか。

今回の展示では、ニューヨークシティバレエに通いつめていたこと、年に1000本の映画を見るほどの映画好きだったこと、ケープコッドの食堂と書店のオーナーと仲良しだったことが紹介されていました。

ゴーリーの仕事部屋も紹介されています。

仕事部屋は家の中で一番小さい部屋で、窓からはマグノリアの木が一本見えるだけ。

気が散らないようにしていたようです。

そして、一番興味深かったのは幼少期のゴーリーの絵です。

今とは打って変わって、アメリカの子供らしい明るい絵を描いているのです。

これにはびっくりしました。

絵に明るさが消え、現在のゴーリーらしさが出てくるのが13歳ごろ。

文学に影響されて今のような怖さのある絵になってきます。

源氏物語も読んでいたようです。

みどころ③ 絵本以外の仕事をみられる

エドワード・ゴーリーといえば、絵本!!

しかし、絵本以外の仕事もみることができます。

一つは、「ミステリー!」といテレビ番組のオープニングアニメーション。

番組の内容とマッチしたアニメーションです。

ゴーリーはミュージカルの仕事もしており、ミュージカル「ドラキュラ」では、トニー賞の衣装デザイン部門を受賞しています。

いつも絵本を描いている人が、衣装をデザインして、さらに賞まで受賞するとは多才すぎます。

ニューヨークに住んでいたころには、ニューヨーク・シティバレエに通いつめ、ほとんどの全ての公演を見ていて、バレエを主題にした絵本を作っています。

題名は「薄紫のレオタード あるいは、年がら年中ニューヨーク・シティバレエを見に行くこと」

自分のことやん!!

と、展示を見た人すべてがツッコミを入れたことでしょう(笑)

バレエの絵本はたくさん描いていて、バレリーナの舞台上での華やかな場面、練習などの地味な生活といったバレリーナの様々な面を描けるのは、年がら年中通っていたゴーリーだからできたことでしょう。

エドワード・ゴーリーを巡る旅 まとめ

松濤美術館で開催されていた「エドワード・ゴーリーを巡る旅」の感想をまとめました。

怖いけれど美しいゴーリーの絵本だけではない、様々な顔をみることができる貴重な展覧会でした。

次にゴーリーを見るときには、そんな彼の顔も意識しながら見てみようとおもいました。

グッズ情報

毎度のことながら、ポストカードを購入してきました。

「蒼い時」という、アリクイの鼻の短くなったようなキャラクターが書かれたポストカードです。

愛嬌があって可愛らしい絵です。

ポストカードの値段は一枚150円です。

その他にも、マスキングテープ、トートバックなどが売られていました。

おすすめ書籍

エドワード・ゴーリーについて、さらに知りたい方におすすめの書籍の紹介です。

¥2,200 (2023/07/30 02:44時点 | Amazon調べ)

ゴーリーの魅力がたっぷりと詰まっています!!

エドワード・ゴーリーを巡る旅 開催概要

会期:2023/4/8(土)~2023/6/11(日)

会場:松濤美術館

時間:10:00~18:00

休館日:月曜日

料金: 小中学生:100円 高校生:500円 大学生:800円 一般:1000円

ABOUT ME
らうふ
音大ピアノ科卒業。 洋の東西を問わず、芸術が好き。今は、歌舞伎と日本画を中心に鑑賞する日々。好奇心は浅く広く、たまに深く。この性格が功を奏して?、今までに1年以上経験した楽器は7種類。美術展には2010年から通っています。